不動産物語

不動産売却について詳しく解説

扇子を持ったまま挨拶するのは礼を失する





スポンサーリンク


テレビの時代劇を見ていると、滅法強い武士が登場してきて、刀も抜かずに扇子だけで闘っている場面がよくある。

 

あれは鉄扇といって、名のごとく鉄でできた扇子。刀槍がない時にはそのかわりをはたし、防禦にも攻撃にも使える武器だ。

 

つまり、これを持ったままでは当然のことながら、相手は警戒心を持つ。そこで相手に対して敵意がないということを示すために、自分の前に鉄扇を置くのである。

 

これが庶民の間に広がって、一般的な作法となったというのが武家礼法に基づく説だ。

 

その他、扇子を持たずに、自分の前に置くことによって、相手の領域と自分の領域に一線を画してひかえるという意味もある。

広告を非表示にする