不動産物語

不動産売却について詳しく解説

【田舎物件】中国・四国・九州地方





スポンサーリンク


中国地方で農村物件を狙うなら岡山県、広島県エリアを探してみるといいと思われます。流通量が多く、就業農家を考えている人にも適しているといえましょう。

 

 

四国は少し特殊な地域だといえます。海岸地域のリゾート物件は出物もありますが、それ以外となると、全体的に業者からの流通情報としては田舎物件情報は極端に少なく、相場を把握するのも難しいといえます。

 

 

正確な個別の物件情報を得たいのであれば現地の地元情報に頼ってみるのがベターだといえます。新幹線交通ルート網の発達で注目したいのが北九州のエリアです。

 

 

持ち家比率の高さ、実質家賃の低さ等を考慮すると、福岡や長崎といった北九州エリアは住みやすさの点で高ランクに位置付けられましょう。

 

 

ちなみに一般の一戸建て住宅でも首都圏の頭金程度の金額で一軒家が買えてしまうレベルです。九州のリゾート地域でいえば湯布院が高人気エリアといえます。

 

 

九州地方で供給量と価格帯のバランスからいえば国東半島や長崎、熊本の阿蘇、宮崎の日向灘といったエリアが狙いといえます。

 

 

世界遺産の屋久杉で有名な鹿児島の屋久島や沖縄あたりでも、それ専門の業者が存在することもあり、物件量は豊富です。オーナーが都市部在住者が多いというのもこのエリアの特徴といえましょう。

広告を非表示にする