不動産物語

不動産売却について詳しく解説

【田舎物件】北海道・東北地方





スポンサーリンク


とにかく広く安い土地を手に入れたいという方やマイホームがすでにあり、セカンド・サードハウス目的での購入を考えている人に適した地域です。

 

 

価格的には相対的に安いものが多いといえましょう。売り地の相場を紹介すると、北海道に限定していえば、道道沿いで坪1万円から2万円、道道から離れて1万円未満といったところでしょう。

 

 

さらに都市計画区域外の完全な山林物件であれば、300坪(1反)単位で10万円という物件も出てきます。

 

 

ただし、快適に住みたいというのであれば、現実的なことをいえば道道沿いが無難です。冬の時期などは雪に埋もれてしまうため、道道に沿ったエリアでなければ、個人や民間の手による除雪作業は相当困難なものとなるためです。

 

 

山奥の極端な方面では坪あたり数百円などというところも存在しますが、一年を通しての定住用途ではとても向きませんから、その点は注意です。定住目的であれば、リゾート系の大規模別荘地か農村地域を選択すべきでしょう。

 

 

 

スキー場が近いリゾート地や温泉街周辺であれば冬でも幾分安定した来客が見込まれるため、中古物件を改修して民宿やペンション経営をはじめる人が多いのもこのエリアの特徴です。温泉付きの売地の利点は露天風呂としての楽しみ以外に床暖房の熱源としての利用ができることにあります。

 

 

 

購入時期を考えれば、安く購入したいのであれば、北海道・東北地方に限っては物件の動きが鈍くなる冬に購入するのが狙い目です。先に紹介した地域実態を把握する意味でも、この時期に物件探しをするメリットがあります。

 

 

 

東北でも北側の秋田県や岩手県、青森県といった方は価格的には一段安いのですが、物件が比較的出ずらいといえます。流通量と地方都市との接点という面から選べばさらに南の山形や宮城、福島エリアから選ぶのが妥当でしょう。

 

 

地方都市に就職しながら素朴な田舎らしい暮らしを満喫したいという条件で探すのであれば、北海道なら札幌・旭川周辺、東北なら仙台やいわき周辺が田舎物件の流通量も豊富であり、十分地方都市への通勤圏でもあります。

 

 

 

十分な機能を持った物件を探す場合でも、仙台地方郊外の住宅地等で2千万円から1千万円台の物件が出てきますし、地方都市としての機能を兼ね備えた面を考慮したいというのであれば、こうした周辺地域でさらに奥まった車での通勤圏内を狙ってみるといいかもしれません。

広告を非表示にする