不動産物語

不動産売却について詳しく解説

田舎不動産を安全・有利に買う!





スポンサーリンク


田舎不動産を購入するにあたって、皆さんは一般には不動産業者を利用することになります。不動産業者というと、「なんとなくとっつきにくい」、あるいは「いかがわしそう」といったイメージを持たれる方が多いのですが、今の不動産屋はそんなことはありません。

 

ただし、私がこれから紹介していくような方法・ノウハウを知りたいと皆さんが望んでも、不動産業者の側から積極的に教えてくれるようなことはおそらくありません。(彼らも当然商売ですからお客の利益を中心に考えるよりも、まずは自分達、自社の利益を第一優先したアドバイスをしてしまいがちだからです)それゆえ本項では、かつてこの業界に身を置いていた私の体験から、田舎不動産購入の裏技を含め、一般人にはなかなか見えにくい部分、不動産業者や一般の情報誌では得られない本当に役に立つ知識だけを紹介していこうと思っています。

 

 

まずは不動産購入に至るアウトラインを紹介しておきたいと思います。今後皆さんがどんな田舎不動産を手に入れようとするにしろ、最初の資金計画から最終的な登記に至るまでの大まかな流れも知らないのではどうにもなりません。

 

 

これまでに何度も不動産売買をしてきた経験のある方でも、漠然とはわかっていてもこの辺のことが意外に解っていないのではないことが多いといえます。そこで、一番多いケースとして、業者を通じて購入することを前提にしたやり方のフレームワークを整理しておきました。

 

 

詳細は後述しますのでまずは購入するまでに至る流れを把握しましょう。{このフレームワークは、他の一般の住宅購入の書籍や情報誌には紹介されていない得する方法に基づいて紹介してあります。特に田舎物件の場合、物件探しから、契約に至るまで一般の物件探しとは方法が異なっています。

 

 

契約以後のスケジュールにおいても、様々な知識・注意点を網羅しましたので参考にしてください。そして、どこでどんなお金が必要になってくるのかもこのタイムテーブルを参考に確認しておくとよいでしょう}

広告を非表示にする