読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産物語

不動産売却について詳しく解説

購入に当たってのマネープランをまず立てる





スポンサーリンク


まず、あえていうまでもないのですが、これから田舎物件を前提とした不動産を購入しようという皆さんにとって、何はともあれ先立つものはお金です。

 

そんなことわかっているよ、と読者の皆さんからはいわれそうですが、現金(キャッシュ)買いをするにせよ、融資機関から融資を受けるにせよ、今の自分ならどの程度の物件を手に入れられるのかという大雑把な見積もり程度はたてておきたいところです。

 

現在どのくらいの自己資金(親族からの贈与・売却の目処の立ちそうな何らかの手持資産を含む)があり、いくらぐらいの借入れ(自身の返済能力を考慮した上で)をして、いくらの物件を手に入れるのかという、しごく当たり前のマネープランぐらいは立てておかないとイザ本当に物件購入契約という段になったとき計画倒れにもなりかねません。

 

 

特に多額の借入れを前提とした購入希望者であればとくにそうです。最近では居住用を目的とした不動産の融資審査もずいぶん甘くなっていますが、それでもあまり甘く考えすぎないほうがいいでしょう。

 

 

特に新しい土地への夢を大きく膨らませているお客さんの中には気持ちばかりが先行してしまって現実的な判断ができなくなってしまっている方が多数いらっしゃいます。

 

 

目安としては、高額のリゾート物件や大規模分譲物件をローンを組んで購入する際には、物件価格の2割から3割程度の頭金と諸費用が必要です。低価格の農村地帯や山林物件となると、基本的に現金決済が前提です。

 

 

こうした物件には担保価値がないため、ローンそのものが使えない場合があるのです。ローンも状況に応じて使えますが、もともとが安い田舎物件の場合には自己資金はあればあるほど、それに超したことはありません。

広告を非表示にする